10月例会 近畿ブロック 越前おおの大会

去る10月11・12日と、近畿ブロック大会 越前おおの大会に参加してきました。

この「近畿ブロック」というのは、近畿経済産業局管轄の7府県からなる商工会議所の連合会になり、会議所の部会組織となる青年部でも、近畿ブロック内にて連合会を組織し、総会と交流会事業を開催します。

そして、そのブロック大会事業の主管地については、7府県で持ち回りとなりますが、今回は福井県。そして7単会ある福井県連でも輪番となりますので、今回は大野市ということで、いつもの「いち参加者」ではなく、副主幹として参加させていただきました。

まー…私たちは、大野の街は県連役員会などで、必ず年に1度以上はお邪魔する機会がありますので、あまり距離感を感じないのですが、この近畿ブロックのくくりでいうと「最北端」の単会になることもあり、大野YEGの皆さん、たくさんのYEGメンバーに大野へお越し頂きたい、という熱意で準備にあたっておられました。

DMOで街並みが整備され、アイコンとなる大野城が間近に見えるシックな会議所のそばには、名水のポイントがあったり、クラシックな街並み通りもあったり、と私的には「ホッとする」お洒落な街並みなので、大野の街は好きですね~。

さて、今回は、来年の全国大会に向けての学びの場でもありましたので、記録として写真多めで紹介させてもらいます。

11日金曜日に単会会長は総会がありますので、福井市内のパレスホテルにて諸会議と前泊者懇親会が開催されました。

春の橿原での会長会議の際に、橿原YEGさんの粋な計らいで、51単会の会長が自ら書いた、ブロック大会の出席簿(笑)
みなさん、約束の地にしっかりと出席となりました。

総会のあとは、会長会議でのディスカッション、前泊者懇親会となりました。
会長会議の際、小西直前も日本交流委員会の一人としてPRされてました。

懇親会では大野の落語家さんのひねりの利いたなぞかけでスタートし、我ら敦賀YEGからは、小林さんがしっかりと司会の大役を務めておられました。
田中ブロ代の着付けも、名子総務委員長がさせていただきましたが…橘家圓蔵さんみたいでよくお似合いでした(笑)写真が無いのが残念…

この日は、福井の片町で二次会を経て…
次の日も早いので名残惜しいですが、一度帰敦。
実は、大型の台風19号の影響で、まだこの時点でも翌日のスケジュール変更の可能性があり、大野の皆さんは気が気じゃない心境だったと思います。

2日目、式典と分科会、そして大懇親会と開催されましたが

これを全部書いたら、終わらないので(笑)
ポイントとすると…

実は警報が出たら、大会そのものを中止という判断があったのですが…

福井県内各所では警報が出ていたにもかかわらず、大野だけは警報が出ない奇跡。
山の中の街、というのがここにきて幸いしたのでしょうか。
様々な変更がありましたが、大野の皆様の臨機応変な対応力で
本当に「滞りなく」無事に開催されました。(これは凄いことなんですホントに)

我々、敦賀YEGとすると、日本酒を堪能する分科会、ビジネス交流会、そして物産展の3チームに分かれ、それぞれの役割を果たしましたが…

日本酒チーム…めっちゃええ感じやんか…

大懇親会では、大野YEGの単会会長でもある、伊藤大会会長の万感のご挨拶と
いつもは明るいキャラクターの東実行委員長の締めのマックス!の掛け声に
ちょっと、私、感動しましたね。ここまで本当に大変だったな、と。

大野の皆さんも、献身的に動いておられて、素晴らしい経験だったと思います。

で、このブロック大会では「めったに会えない人」と再会できるのも
ひとつの楽しみでありまして。
この台風直撃の中、宮城県は石巻から大変お世話になった山田さんと高橋さんがお越し頂きましたので、敦賀で交流会を開催させていただきました。
ホントに長旅の中、ありがとうございました。

今日のおまけは二つ。

勝山名物、破天荒男、坂先輩のお見送り…(をガン無視するワタシ)と…

金曜日に電車移動となった宇野先輩を整列でお待ちする
若手たち…(どんなVIP待遇やねんw)


9月度例会 令和元年度臨時総会

去る9月24日、令和元年度の臨時総会を執り行いました。
例年、次年度の役員人事は1月開催の臨時総会が通例なのですが
今年に限っては、次年度の全国大会に向けて、早々に動き出す必要があるため
半期が終わるこのタイミングにて開催させてもらいました。
 
会員全員で決めなければいけない「重要な案件」を審議するのが
総会の目的となりますけれども、総会にも二種類ありまして…

定時総会=年度初めに年間の事業計画と予算を決める
臨時総会=翌年度の役員人事を決める、その他総会議案があれば随時開催する
 
という感じで、例年、敦賀YEGは開催しております。

単会によっては、臨時総会を何度か開催するところもあるようですが
敦賀は2回開催が通例ということもあり、会長に関していうと

定時総会=いよいよ始まるぞ!という気合が入る
臨時総会=次年度人事が決まるので、若干気持ちが緩む

みたいな心情の変化がありますので…

不肖大島、半年にして気が緩む、という(笑)

いえ、まだ大きな事業がありますので、しっかり務めさせて頂きます。。。

とはいえ、臨時総会の主役は「次年度役員の皆さん」でありまして。
竹野次年度会長のもと、敦賀YEG丸の舵取りをしていただく
役員のみなさん、気合が入っています。頼もしいですね。

今年度としては、残り半年、次年度に「わかりやすい」運営、予算進捗の
バトンを繋げられたらな、と考えています。(優しさ)

また、今回の総会は、大きな大会を成し遂げられたOBの皆様にも
お越しいただきまして、さまざまな経験談やアドバイスを頂く
「懇談会」も開催いたしました。

新道先輩のお話には、綿密さと成し遂げたあとの涙、というところで
グッとくるものがありましたし、我々が当たり前と思っていた
さまざまな仕組みのルーツも聞かせていただき、なるほどそんなことが…と。
やはり知らないことは、しっかり聞くべきですね。
いろいろお話いただきましたが、総括的に私が感じたこととして

周年事業、近畿ブロック敦賀大会の成功の秘訣は…

「やっぱ、気合」(笑)

気合というより、気概でしょうか。
先輩方の、強い意志と責任感を感じるお話をいただきまして
現役メンバーも「やるしかない」というスイッチが入ったんじゃないかな、と。

なかなか、我々が言いにくいことも仰っていただきました。
村田OB会長をはじめ、猛者の先輩方(笑)
本当にありがとうございました。

その他、新入会員さんの紹介や
提言活動の途中経過などもあり
このような「学び」もある総会も良いものだな、と感じました。

企画された竹野次年度と総務委員会の皆さん、お疲れ様でした。

最後に…
上半期にご結婚されたメンバーへの記念品贈答
小西直前不在のため、代わりに中川君が受け取る、という面白い状況もありつつ

この例会の締めは…

名子総務委員長の「夫婦円満の秘訣をしたためた俳句」によって
お開きとなりました。

名子委員長をご存知の方なら察していただきたいのですが…
 
見事にオチをつけてくれました…(鉄のハートの持ち主だな…)

8月度例会 風会議

去る8月27日、敦賀YEG8月度例会として
「8月度例会 風会議」を開催いたしました。

主催運営は敦賀YEG、まちづくり提言委員会でありますが
敦賀青年会議所
特定非営利活動法人THAP(タップ
敦賀市役所
敦賀商工会議所
の皆様にもお越しいただき、ご意見を頂戴いたしました。

この「風会議」という名称は、YEGの全国的な名称なんですが
国や地域を良くしようという公務員の皆様と
地域活性について活動する我々YEGとが会して
様々な議題で情報・意見交換をする場をそのように呼びます。

意見交換から出てきた話題を醸成させて「風」を起こそう!ということですね。

さて、市内諸団体も併せてこのような会をYEGが主体となり開催するのは
私の記憶(YEG歴、10年選手なんですが)では、過去にはなく
今年度の活動総括として、提言活動をいたしますので

各種イベントでのリサーチ
風会議での情報交換

を経て、まとめていくことになります。

今回のテーマは4年後の北陸新幹線延伸に伴う「観光」を議題と
させていただき、港都つるが㈱より講師として阿部先生から
講義をいただき、そののちにディスカッションとなりました。

出てきたご意見については…
委員会からの取りまとめを待つとして(笑)

面白いのは、やはりみなさん普段は面白おかしく話してるけど
いろいろと、真面目に思うことたくさん持ってんじゃん、という(笑)

普段、このようになかなか表現することはないので、
堰を切ったようにドバーッとご意見が出てきてまして、
さすが青年経済人だな、と感じました。(褒めてます)


いや~…この事業、やってよかったな~…と自画自賛。

後日、新聞・地元ケーブルテレビにて報道もしていただきました。

ま、撮影用に真剣に話している「フリ」なんですけどね…(笑

なにせ、ご参加いただいた皆様、報道各社の皆様、ありがとうございました。

皆様のご意見を反映して、しっかりと提言活動に向けて頑張ります!