委員会紹介

★専務理事

専務理事 高島 真一

<専務理事抱負>

私のYEG生活最後の大役と自覚し、今まで培ってきたYEG活動の経験を活かしながら、会長と二人三脚で29年度を駆け抜ける所存であります。

また各委員長、役員、メンバーと随時繋がっていき、連携のとれた敦賀YEGになれるよう努力します。経営理念同様最強の執事として頑張りますので皆様のご指導ご鞭撻をお願いします。

専務理事 主たる業務

★役員会議事

★会長・副会長の近畿ブロック会長会議、全国会長研修会参加へのサポート

★県連代議員総会の参加義務者への参加呼びかけと取りまとめ

★各委員会の取りまとめ

★総務委員会で作成された議事録の最終確認

★出席率向上の為、エンジェルタッチ、メーリングリスト、その他SNSの管理・運営

★予算の進捗状況の把握

★各会議・例会の出席率の把握及び会員拡大活動

 

★総務・広報委員会

委員長 竹野 耕平

担当(副会長) 大島 昇治

<委員長抱負>

昨年度に引き続いて総務・広報委員会の委員長を努めさせていただきます。昨年度の経験を踏まえ、小西会長の掲げたスローガン「Reboot ~YEGを楽しもう!本気と熱意の先に~」のもと、執行部、各委員会との連携を図りながら、敦賀YEGの事業や活動が円滑に運営される様に、そして、ホームページの運用や会報作成を通じて対外向けの情報発信を積極的に取り組む所存であります。総務・広報の役割は、縁の下の力持ちですが、単なる裏方に徹するのではなく、存在感のある活動をしてまいりますので、一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

総務・広報委員会 主たる業務

★定時総会・臨時総会(新年例会)・役員会の運営及び議事録の記録・作成

★メーリングリスト・エンジェルタッチ、その他SNSでの管理・運営、各会議・例会の出席率の把握

★ホームページの管理・運営(SNS等のITツールを利用したPR活動)

★各委員会の活動・報告を残す(写真・データ)

★会員増大活動

★全国大会・近畿ブロック大会の参加に関わる全ての事項

 

★ファミリー交流委員会

委員長 西野 孝幸

担当(専務理事) 高島 真一

 

主に敦賀YEG内の友好交流・他YEGとの研鑽・交流(近畿ブロック大会・全国大会の参加)

参加・運営を行う。

<委員長抱負>

初の委員長と言うことと、他の会の会長職等並立に、不安と戸惑いも多々ありますが、ベテラン副委員長達に支えられながらYEG間の交流はもちろんのこと、会員の多忙な生活に負担をかけず、参加してリフレッシュ出来るような、ラフな委員会作りが目標です。

とりあえず1年後、あいつ近年稀にない出席率だったと思われ、欠席しがちな会員が少しでも多く参加して頂けるよう取り組むつもりなので、皆様一年間何卒宜しくお願い致します。

 

ファミリー交流委員会 主たる業務

★7月敦賀港カーターレース

★9月地域イベントの参加

★1月敦賀YEG各事業所業PR大会

★2月近畿ブロック大会の参加と宿泊・全国大会の参加と宿泊

(3年後福井県で全国大会が開催される為)

 

★創意工夫委員会

委員長 池邑 大輔

担当(直前会長) 河野   渡

6月、10月度の例会お仕事体験を担当する。研修、勉強会を企画運営し自身のスキルアップを促す。

(担当例会 6月、10月、11月)(担当研修会 2月)

 

<委員長抱負>

「創意」新しい思いつき、今まで考え出されなかった考え。「工夫」物事を実行するために、よい方策をひねり出すこと。この委員会名の通り、形にとらわれずいろいろ工夫して事業を企画運営していけたらと思います。委員長も初となりますが、みなさんのお力を借りながら精一杯頑張ります。

一年間どうぞよろしくお願いします。

創意工夫委員会 主たる業務

★6月度例会、10月度例会、11月度例会(お仕事体験)の開催

★県内外YEGとの交流会

★会員拡大活動

★研修事業の実施

★移動勉強会の実施

 

★魅力深化委員会

委員長 石谷 雅文

担当(直前会長) 河野   渡

<委員長抱負>

委員会名の通り、メンバー個人の魅力の深化、敦賀YEG全体の魅力の深化、敦賀市の魅力の深化に繋がるような活動を意識して、行っていきたいと考えております。

一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

創意工夫委員会 主たる業務

★8月度例会

★家族例会

★巣立ちの会・大納会

★YEG勉強会

 

★氣比神宮の杜フェスタ9.5実行委員会

委員長 中村 篤史

担当(副会長) 大島 昇治

<委員長抱負>

今年は、鳥居の改修工事もあり、毎年同様の内容では、開催するのは難しい状況です。この機会に昨年の間に検討しておきたった他団体への『引渡計画』を今年度で検討し、方向性を定め、フェスタについてとことん考えていこうという委員会になっています。つまり、今年度は、フェスタの企画・実施をメインに考えるのではなく、「今後どうしていくのか」をメインに検討・思案していきたいと思っております。ただし、過去9回の実績もあり、市内外からの要望もあると思われますので、「実施計画」として氣比神宮内でできる範囲の内容を検討していきます。

氣比神宮の杜フェスタ9.5実行委員会 主たる業務

★氣比神宮の杜フェスタ2017の開催

★今後の方向性の検討